便秘(長く続くと免疫力が落ちてしまうでしょう)に悩まされている人は、ツボを刺激してスッキリさせてみないのですか? 私達の体には、便秘(排便がない期間が長く、排便が困難なことをいいます)に効くツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)がいくつかあります。 そのツボを刺激することによって、便秘を解消出来る可能性があるので、ぜひ実践してみてください。 便秘に効くツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)としては、次の3つに代表されるようにしょう。 ・間使(かんし) ・合谷(ごうこく) ・足三里(あしさんり) 間使は、手首から指四本離れた場所にあるツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)です。 親指でこのツボを2分くらい刺激すれね、便意を促すことができます。 過度に力を入れずに、多少痛みを感じる程度に押してください。 即効性があるツボなので、トイレでスタンバイしながら刺激するのがオススメです。 合谷は、親指と人差し指の付け根の内側にあるツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)です。 ここをゆっくりと刺激することで、便秘に効果を発揮するでしょう。 足三里と言ったツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)は、膝から指4本くらい下のすねの内側に存在します。 ここを2分程度強く押し揉むと、胃腸が活発になり、便秘を改善できるはずです。 症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)が軽ければ、このようなツボを刺激することで、便秘(女性に大腸がんが多いのは便秘が原因とも考えられているようです)を治す事が可能なんです。 便秘に効果のあるツボは他にも?多くありますから、自分に取ってよく効いて押しやすいツボを探してみてくださいー